衛生管理者を受けてこいと会社から言われたら

衛生管理者ってどんな資格?

従業員が50人以上の事業所において最低1人はこの衛生管理者の設置が義務付けられています。
会社の命令で取りに行くことになるのがこの資格ですが、その風変わりな任務のため候補は会社の中でも古株な従業員や将来の幹部候補の人たちです。
あなたはこれから会社の命令で試験を受けに行くわけで、とても今は気分が乗らないのもとてもよくわかります。
ですがこの資格を受けに行くのは社会人として、とても名誉のあることだと私は思います。ですからとにかく今は上司の期待を裏切らないように試験一発合格に向けて一生懸命に勉強を頑張ってくださいね。

 

選任すべき人数は事業場の労働者数により最低人数が決められています。また業種に応じて第二種衛生管理者や、その上位である第一種衛生管理者といった資格が必要です。また更に上位の衛生工学衛生管理者というのもあります。

 

「常時1,000人を超える労働者を使用する事業場」、または「常時500人を超える労働者を使用し、かつ法定の有害業務に常時30人以上の労働者を従事させている事業場(以下「有害業務事業場」)」では、衛生管理者のうち、少なくとも一人を専任としなければなりません。さらに、法定の有害業務のうち一定の業務を行う有害業務事業場では、衛生管理者のうち一人を衛生工学衛生管理免許所持者から選任しなければなりません。

 

衛生管理者は、
(1)労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること。
(2)労働者の安全又は衛生のための教育の実施に関すること。
(3)健康診断の実施その他の健康の保持増進のための措置に関すること。
(4)労働災害防止の原因の調査及び再発防止対策に関すること。
等のうち衛生に関する技術的事項の管理を行います。

 

 また、衛生管理者は少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備、作業方法又は衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければなりません。
厚労省ホームページより抜粋。

 

 

試験について

 

試験は毎月行われていますが、試験会場は全国7カ所で試験を受けに行くのも大変な試験です。
また年1になりますが47都道府県にて出張試験が行われています。
お住まいの地域によっては遠い遠いセンター試験を受けに行くか、年1の出張試験を受けるかの選択になります。
そんな理由から気軽に受けられる試験ではないと思うので、一回の試験に魂を込めることになるでしょう。

 

受検資格にはいろいろなパターンがあります。分かりやすく簡単な方法は、大卒で1年の実務経験、高卒で3年の実務経験が必要になるのですが、勤務先に実務経験を証明する証明書を書いてもらって、最終学歴である学校の卒業証明書を取り寄せて受験資格の出来上がりです。
会社の命令で受けに行くので従事証明書は何も心配ありません。
この先、仕事を変えることがあった場合、衛生管理者は他の資格と性格が違うので評価ポイントになることがあります。
もう一生巡ってこないチャンスかもしれないので今回ばかりは気合いを入れて一発合格を目指すのですよ!
履歴書に書いても評価がマイナスに作用することはまずないでしょう…。

試験の様子

インターネットでサイトを作る今の私を当時はまったく想像していなかったので、最近撮影したボイラー試験当日の写真を流用しての説明(試験センターは同じ)になりますがお許しくださいね。
私は関東センターで試験を受けてきました。最寄駅は五井という駅です。

直通バス乗り場への案内の看板が駅の出口に立てられていました。

試験時間付近になると直通バスが走ります。360円くらいでした。
急いでいる方はタクシーでも行けます。こちらは待ち時間はありませんでした。

こちらは受験者4人くらいで出発し、片道600円でした。

勉強方法は?

これは公表過去問を数多くこなすことにつきます。
ただ資格の性質上、いろいろな分野からの出題がなされ、細かい数字の暗記、似たような物質名の把握、体の仕組み、作業環境に関することなど、範囲や覚えることはかなり多いので、いきなり過去問を解き始めても試験の性格上「意外と覚えること多いな。意味わかんない」となりやすいです。
知識を入れながら勉強するのがいいと思います。ただしいきなり過去問はきついです。
お金ないけど、時間は持て余しているという方は過去問を時間をたっぷりかけて地道に覚えていくことになりますが、いきなり過去問を解き答えを丸暗記する下の参考書での勉強がおすすめです。

 

 


簡単簡単と噂されるこの試験でも結構落ちている人は意外に多いのです。
試験を何度も受けに行くのは大変ですし、落ちたらまた遠い遠い試験地へ再度行くか、「来年またおいで」となってしまうので一発で合格したいものです。
年1の出張試験しか地域的に無理な方も多いことと思います。
分かりやすい解説で有名なユーキャンさんなら、この衛生管理者の対策講座を開いています。

 

ちなみに私は当時働いていた本業の年末の大型連休を利用し、さらにその間は勉強のためにバイトもお休みして、さらに時間の有効活用のため通信講座を利用させて頂きました。
インプットは12日で終り(連休を勉強に充て)、過去問を3日間(仕事が始まってしまい家に帰ってきてから)で勉強がすべて終わりました。
「お金はかかりますが、通信講座利用も時短という面ではあなどれないのですよ」(*'ω'*)

 

※総勉強時間には置かれた環境により個人差があるので参考程度に!

 

頭に入りづらい衛生管理者の勉強に利用してみる価値は大いにあります。
なぜならもう二度と巡ってこないかもしれない衛生管理者の受験資格をあなたは得たのですから・・・
がんばってください!資料請求は無料ですから取り寄せて検討するのがいいと思います!

 

ユーキャンの案内資料のご請求はこちら

 


ヴィオラ・アダムズのリンク集

今が取得のチャンス。薬剤師とは別の医療関係者の資格取得応援サイトです。
登録販売者編はこちら
年間50万人が受ける大人気資格。日商簿記検定の取得応援サイトです。
簿記3級編はこちら  簿記2級編はこちら
実務経験なしの素人でもOK。第2種電気工事士の資格取得応援サイト。
第2種電気工事士編はこちら
料理・お菓子についての資格
調理師編はこちら 製菓衛生師編はこちら
宅建士の資格応援特集です。
宅建士はこちら

 

↑私が現在育成中の副サイトのリンクです。興味がある資格がこの中にあったら、ぜひ読んでみてくださいね!